モーニングアフターピル通販

緊急避妊薬って皆さんご存知ですか?知っている方も知らない方も当サイトで緊急避妊薬のモーニングアフターピルについて学びましょう。モーニングアフターピルは病院以外でも通販で手軽に購入できるので、是非試してみてください。

モーニングアフターピルを通販で購入する

モーニングアフターピルは計画的に服用する低用量ピルとは異なり、緊急時に用いられる避妊薬です。
コンドームが外れて避妊に失敗したときや、強姦の被害に遭ったときなどに使用します。
緊急避妊薬は日本でも承認を受けており、医師の処方を受ければ利用できます。
通常のピルと同様に女性ホルモンを成分としているため、低用量ピルや中用量ピルを増量して服用し、モーニングアフターピルの代用にする方法もあります。
しかしいずれにしても、医師の診察を受けて事情を根掘り葉掘り尋ねられ、処方箋を貰ってやっと服用できることになります。
欧米では普通の薬局で買える薬で、利用のしやすさには大きな差があります。
モーニングアフターピルは、避妊失敗から遅くとも72時間以内に服用しないと効果が落ちます。
早ければ早いほど避妊効果は高くなります。
ピルを処方している産婦人科を探し、訪ねるだけでも時間を消費します。
恥ずかしい問診を受け、顔を知られるデメリットを考えると、近所の病院には行きづらい場合もあるでしょう。
こうしている間にも妊娠のリスクは高まります。
これでは本当に緊急のとき役に立ちません。
モーニングアフターピルは万一に備えて常備しておくのが安心な使い方です。
そのためには通販を利用するのが便利です。
通販なら病院で処方される場合と違って、低価格の商品を選べるメリットもあります。
ただし偽物や粗悪品を販売するサイトもあるため、信頼できる通販サイトを見極めるのが大切です。
またモーニングアフターピルは効果の高い薬だけに、副作用も強く出るのが普通です。
通常のピルの代用にはできませんし、薬があるからと安心して避妊を怠らないように注意する必要があります。

モーニングアフターピルの病院と通販の価格比較

望まない妊娠を避けるために利用されるのがモーニングアフターピルです。
実際に性交渉の24時間以内に服用すると、その効果は95%と言われるほどの物で、現在ではその存在も広く知られるようになってきました。
では、実際に病院で処方してもらう場合と通販で自分で購入する場合、どれ位の価格差が有るのでしょうか。
病院でモーニングアフターピルを処方してもらう為には、まずは診察、そして処方と言う風に進んで行きます。
また病院によっても価格には違いが出て来ますが、大体1回あたり5000円程度であればとてもリーズナブルな価格だと言われます。
中にはもっと高額な所も有るので、一概にいくらかと言う事はなかなか言えませんが、大体これくらいの金額は必要だという事を知っておきましょう。
自分で海外医薬品の個人輸入を行ってモーニングアフターピルを手に入れる場合は、利用する業者によっても違いますが、大体1錠あたり1400円程度で入手する事が可能です。
送料無料の業者を利用すれば薬の金額のみの支払いとなります。
勿論医師による診察なども必要ないので、自分で個人輸入をして入手する場合の方が大体3分の1程度の価格で入手できると言って良いでしょう。
また個人輸入をしてモーニングアフターピルを入手する場合は、まとめ買いをする事もできます。
数が増えれば増える程1錠あたりの単価は安くなり、大体1000円未満で入手できるようにもなります。
価格だけを比較する場合は、モーニングアフターピルは病院で処方してもらうよりも自分で海外医薬品の個人輸入をする方ははるかに安く入手する事ができます。
ただ業者を利用する場合はどういう薬を扱っているか分からないので、金額だけでなく品質にも目を向ける事が重要です。

モーニングアフターピルを通販で常備しよう

モーニングアフターピルとは、避妊に失敗した場合に服用する緊急避妊薬です。
避妊に失敗した場合モーニングアフターピルを服用するのは性行為後72時間以内、新緊急避妊薬であっても120時間以内に服用を開始しなければ十分な効果は期待出来ません。
ですが日本ではモーニングアフターピルは薬局で手に入らないので処方してもらうには必ず医師の診断が必要になります。
ですので仕事の都合などで医療機関を受診する時間が無かった場合などで診断を受けれなかった場合、また医師の都合上の問題で診断が遅れた場合などでも妊娠の確立はぐんと上がってします場合があります。
妊娠を望んでいない場合の性行為ではきちんと避妊をするというのはもちろん大前提となりますが、それでもコンドームが破れるなどの不測の事態もあります。
そのような事態に備える為には、モーニングアフターピルの成分というのは通常のピルと同じものなので、あらかじめピルを処方してもらっておく、または通販で購入して常備しておくといった手段があります。
ピルは日本の薬局では販売していませんが海外の通販サイトで簡単に手に入れることが出来、ジェネリック薬もあります。
ただ、通販も海外からの発想となる為必要になってからの注文では間に合わないので普段から常備しておくという事が必要です。
モーニングアフターピルを常備しておくという事は避妊には有効な事なのですが、ピルには正しい服用法と様々な副作用などもありますので、最初はきちんと医師の診断を受けて処方してもらい、正しい服用法を学んでおく事をおすすめします。
一度正しい使用法を学んだ後であれば、通販での購入もコスト面などの事から有効な手段となるでしょう
お薬を安く通販で買いましょう