緊急避妊薬って皆さんご存知ですか?知っている方も知らない方も当サイトで緊急避妊薬のモーニングアフターピルについて学びましょう。モーニングアフターピルは病院以外でも通販で手軽に購入できるので、是非試してみてください。

モーニングアフターピルと子宮頸癌との関係

モーニングアフターピルと子宮頸癌には関連性が無いとされていて、ピルは女性ホルモンの分泌に影響を及ぼす薬なのですが、子宮頸癌は基本的にはウイルス感染が原因とされているので、モーニングアフターピルと子宮頸癌との因果関係があるとは考えることができません。一般的に子宮の病気は女性ホルモンが関係しているのですが、この癌に関してはウイルス感染によって引き起こされることが知られていて、同様に男性の喉頭がんなども性的な接触による感染症の場合もあります。モーニングアフターピルは緊急避妊を目的としたもので、日常的に服用することはリスクが高いとされていて、とくに喫煙をしている35歳以上の女性では血栓症のリスクが通常の5倍にもなるとされているので、病院では薬を処方されることができない場合もあります。モーニングアフターピルは緊急避妊をするために1度だけ服用できるものなので、低用量ピルなどのように継続的に服用するピルに比べるとリスクは低いのですが、繰り返し服用していると血栓症のリスクが高まるので継続的に避妊をする場合には低用量ピルの処方を受けなければなりません。モーニングアフターピルの避妊成功率は非常に高く24時間以内に服用すると95%の避妊成功率ですが、72時間だと75%程度まで低下します。避妊に関しては基本的にはコンドームの装着が必要なのですが、破損してしまって精子が膣内に放出された場合などにはすぐに医療機関を受診してモーニングアフターピルを服用することが大切で、緊急性がない場合には夜のセックスを終えてから翌日の朝に服用しても十分に避妊することができます。ネット通販などでも販売されていて1錠あたり1500円程度で購入することができます。