緊急避妊薬って皆さんご存知ですか?知っている方も知らない方も当サイトで緊急避妊薬のモーニングアフターピルについて学びましょう。モーニングアフターピルは病院以外でも通販で手軽に購入できるので、是非試してみてください。

モーニングアフターピルと母体保護法による内容

モーニングアフターピルの服用に関しては婦人科などのクリニックを受診して医師から詳しい説明やカウンセリングを受けてから行うことが大切で、緊急避妊薬として服用することは母体保護法に基づく中絶手術を減らすことができますが、自己判断で服用すること大きなリスクを伴います。モーニングアフターピルは緊急避妊法の主流となっていて、従来の中用量ピルを服用する方法よりも短時間で確実に緊急避妊をすることができるので、クリニックを受診すると母体保護法に基づく中絶も選択できますが、モーニングアフターピルの処方で避妊できる段階ではピルが処方されます。母体保護法に基づく中絶よりもピルの服用が優先されるのですが、血栓症のリスクの高さがあるのですが、喫煙経験のない若い女性の場合にはあまりリスクは高くないのですが、35歳以上で喫煙をしている女性の場合はモーニングアフターピルを服用することで血栓症になるリスクが5倍になるので注意をしなければなりません。高齢の女性が避妊をする場合にはクリニックを受診して、避妊の必要性と効果についてのカウンセリングを受ける必要があり、それによって血栓症が起きた場合のリスクや初期症状の見分け方などを知ることができます。またクリニックに通院していると定期的に血液検査をして血栓症のリスクを知ることができるので、母体保護法に基づく中絶よりも婦人科などを利用してモーニングアフターピルの処方を受けるほうが副作用などのリスクを最小限にすることができます。またモーニングアフターピルに関しては何度も繰り返し服用することは危険なので、その場合には低用量ピルを継続的に服用するほうがホルモンバランスも安定するので副作用などの不快感が少なくなります。また低用量ピルや超低用量ピルを服用しているとホルモンバランスが安定するので、生理の症状が緩和します。