緊急避妊薬って皆さんご存知ですか?知っている方も知らない方も当サイトで緊急避妊薬のモーニングアフターピルについて学びましょう。モーニングアフターピルは病院以外でも通販で手軽に購入できるので、是非試してみてください。

モーニングアフターピルはどこで購入できるのか?

モーニングアフターピルは性交渉中にコンドームが破れてしまったり、性犯罪などで望まない妊娠をすることを防ぎ、さらにそれによる人工妊娠中絶を避けるために服用する緊急避妊薬です。モーニングアフターピルは性交渉から72時間以内に服用しなければならず、さらに性交渉からの時間が短いほど避妊効果が高いと言われています。性交渉後24時間以内に服用すると95%、72時間以内に服用すると75%の避妊効果があると言われています。幾ら緊急で避妊したいからと言っても、薬局ではモーニングアフターピルは販売されていません。日本では要処方箋薬のため、産婦人科などの限られたところでの処方となります。全ての産婦人科で取り扱っているわけではありませんので、緊急に必要な場合には電話などで問い合わせをした方が無難です。費用はすべて自己負担となるため、保険証は必要ありません。自己負担額は5000円~15000円と施設によって幅があります。
「でも、薬局で買えない、近くでモーニングアフターピルの処方をしている産婦人科もない!」という時には、ネット通販を利用することが可能です。海外からの個人輸入の代行になりますので、服用は本人の責任となります。ネット上でモーニングアフターピルを販売している「薬局」と名前のついているところでも同様に個人輸入の代行となりますので、注意が必要です。ネットで購入した場合の価格は産婦人科などで処方されるものよりも安くなります。
モーニングアフターピルはあくまで緊急の避妊薬です。ホルモンのバランスが一時的に変わるため身体への負担が大きく、性交渉後毎回使う避妊薬ではありません。ネットで気軽に購入できるからと言って、常用はしないようにしましょう。